大事な車を長く乗るために必要なことを身につけましょう。

車は自分自身で簡単に点検できる項目がいくつかあります。日ごろ自分で点検をすることで、車の不調やトラブルを予防することができますし、車のトラブル解決対策にもなります。
車を運手する際にはタイヤの空気圧の点検をしましょう。タイヤの空気が減っているのであれば、タイヤが変形していたり歪んでいたりしますし、タイヤが磨耗していれば溝の深さが浅くなっていたります。

タイヤは路面と常に密着する大切なパーツですし、雨の日にスリップしないためにもタイヤの点検は重要な項目です。ヘッドライトを点灯して、左右両方とも点灯しているのかをチェックしましょう。
片方だけの点灯ですと、夜間走行中にはバイクと見間違えられて車幅を知ることができませんので危険です。車のフロントガラスやリアウインドウなども、しっかりとホコリやチリを拭き取りましょう。
拭き取る際には、ガラスにヒビが入っていないか確認をしながら拭くことが大切です。もし、ガラスにヒビが入っていたのならば早めにガラスを交換することが大切です。
ヘッドライトやウインカーも汚れがついていると明るさが不足してしまいますので、併せて汚れやホコリを拭き取ると良いです。ボンネットを開けてエンジンルームを点検しましょう。
ウォッシャー液が入っているか、不足していないか確認をします。また、エンジルーム内のゴムで作られたベルトがあります。
そのベルトの張り具合を指で押して確認をします。もし緩んでいるような感じがしたり、ベルトに亀裂が入っていたらベルトの交換が必要です。
バッテリーはカーステやエアコン、ワイパーなどの電動パーツを稼動させる大切な電力です。しっかりと充電されているか、バッテリー液は十分に入っているのかを確認しましょう。
定期的に自分自身で車の点検を行うことで、車のトラブル解決にも繋がりますし、もし修理をすることになったとしても、どこが原因で何が故障しているのかを修理業者に詳しく説明をすることができます。

事故車の買取先を探すのに便利な査定サイトがあります。
全国に広がる自動車買い取り店舗をネットワーク化! 無料で買取査定をどうぞ。